実年齢と肌年齢

実際の年齢とは別で肌にも肌年齢というものがあるのをご存知でしょうか?年を重ねていくと肌も老化していくものだと思いますよね…でも違うんです!きちんと肌のケアをすることで、肌年齢を若く保つことが出来るのです!実年齢マイナスも夢ではありませんよ!

肌年齢とはそもそもどのようにわかるのか

肌は日々老化していきます。毎日見ている自分の顔の変化はなかなか分かりづらいものであり、エイジングケアのタイミングを逃してしまうケースが多いです。
肌もまた、今日より明日の方が確実に歳をとっていくわけですから、小さな変化を見逃さないよう注意深く観察することが大切です。
人によって老化のスピードは異なりますので、何歳から衰え始めるという境界線はありません。
今の自分の肌は何歳くらいなのか、それを知っておくことでスキンケア化粧品を変えていくこともでき、若々しさをいつまでも保つことが可能です。
肌年齢を調べたい時に最も確かな方法は、デパートなどにある化粧品カウンターで測定してもらうことです。
専用の測定器で、水分量やハリ感、キメなどを総合して肌年齢を算出し、それが実年齢とどのくらい差があるのかを知ることができます。
化粧品カウンターなので、何らかの商品を購入しなければいけないと思いがちですが、購入ではなく肌年齢を調べたい旨を説明すると、多くの美容部員は快諾してくれます。
また、今の状態を改善するための化粧品サンプルがもらえることもあります。
化粧品カウンターに行くのは気が引けるという場合は、きれいな1円玉を用意し、頬にある程度の力で押し当て、その跡がどのくらいで消えるのか、その時間を測るという方法もあります。
肌が戻るには水分とハリ、弾力が必要となりますので、時間がかかるほど「しぼみ肌」だということがわかります。
具体的に何歳ということは分かりませんが、おおよその目安にはなります。
結果的にエイジングケアが必要だと判断した場合は、なるべく早めに開始することが重要です。
予防として早めに行うことで、一気に老け顔になるということは避けられます。
エイジングケア化粧品は数多く出ていますが、自分に合うものを探すのは時間がかかりますので、早めに動いた方が良いと言えます。

肌年齢=実年齢ではない

人の年齢は見た目で判断される事も少なくありません。
まだ若くてもお手入れを怠っていると、シミやくすみ、シワに毛穴の開きなどが現れ見た目年齢はグッと上がってしまいます。
一方、実際の年齢は高くても肌が若々しければ、印象は実年齢よりも大きく下がります。
肌年齢はイコール実年齢では無いのです。
「もう歳だから・・」と自分の実年齢で判断するのではなく、見た目の若々しさにこだわりましょう。
肌年齢を引き上げてしまう、3大要因であるシミ・シワ・たるみはしっかりケアしたいものです。
シミは日頃から紫外線対策を十分に行い、美白化粧品でスキンケアする事で予防できます。
しかし、出来てしまったシミはこれらのケアでは、消す事ができません。
頑固なシミがあるという場合は、美容医療も検討してみましょう。
外用薬やレーザーといった美容医療によって、濃いシミもかなり薄くする事が可能です。
シミが無くなればファンデーションやコンシーラーで、カバーする必要も無くなり、メイクの厚塗りも改善できます。
シワ・たるみはコラーゲンの生成量が不足する事で、起きるケースが多いようです。
コラーゲンは20代をピークに年々、生成量が低下していきます。
50代に入るとピーク時の半分にまで減ってしまうのです。
不足したコラーゲンを補う為に、美容ドリンクやサプリメントを活用する方法もおすすめです。
コラーゲンの他にプラセンタエキスも、アンチエイジング効果が高いとして知られています。
もちろん、思い切って美容整形を受けてみるのも良いでしょう。
メスを使う美容整形であれば、10歳以上の若返りも夢ではありません。
美容整形に抵抗があるという方は、高周波やレーザーを使った治療法がおすすめです。
色々な方法を試して、自分に合ったケアを続ける事が、若々しさを保つ秘訣と言えます。

肌年齢を若くすることで、若く見える!

人は1年1年、確実に年齢を重ねて行きます。
ですが、見た目の年齢は毎年、重ねられるという訳ではありません。
肌年齢を若く保てば、実際の年齢よりも大幅に若く見られるのです。
例えば、シミが出来てしまうとファンデーションや、コンシーラーでカバーしようという方も多いでしょう。
出来てしまったシミは隠したいものですが、ベースメイクの厚塗りは余計に老けた印象を与えてしまいます。
事前にシミが出来ないよう、紫外線対策や美白ケアを行っていれば、ベースメイクも厚塗りにならず結果、実年齢より若く見られる事に繋がるのです。
また、シミだけでなくシワも見た目年齢を引き上げてしまう、大きな要因となります。
特に大きく深いシワとなる、ほうれい線は1cm伸びると5歳も老けて見られると言われている程です。
逆にほうれい線さえ薄ければ、実際の年齢より5歳は若く見られるという事になります。
肌が若々しければ、気持ちまで若返ります。
イキイキとして見える方は、それだけで若く見えますし、また魅力的です。
ですので、肌年齢を若くできるように日頃から、アンチエイジング対策を十分に行いましょう。
スキンケアで美白化粧品を使えば、シミの予防に効果的です。
シワやたるみが気になる場合は、コラーゲンや大豆イソフラボン、プラセンタエキスといった美容サプリメントを、取り入れてみるのも良いでしょう。
また、出来てしまったシミやシワ、たるみが気になるという場合は、美容整形やプチ整形、美容医療を受けてみる事も1つの手段としておすすめです。
メスを使う美容整形であれば、10歳以上の若返り効果が期待できます。
プチ整形・美容医療も年々、アンチエイジング効果が高まっています。